スイングpopで効果的な宣伝、データ入稿も出来ます

   

お店の売上アップには販売促進の活動が大事です。お店にお客さんを呼び寄せるためにはチラシやTVCMやネット広告が大事になりますが、その後もマーケティングは要ります。せっかく新規のお客さんが店舗に足を運んでくれても、最終的に製品をかごに入れてもらわなければ意味がありません。
一般的なマーケティングに力を入れる事も大切ですが、店内の案内やクーポンやポップを充実させる事も想像以上に効果的です。
スタッフが愛情をこめて描く手書きのポップも良いですが、アピール力を考えるなら一風変わったデザインのマーケティングツールを活用しましょう。店舗内でなんとなく製品を探している方に、アピールをするならスイングpopがオススメです。デザインが個性的に出来るため、製品が大量に並ぶ棚でも埋もれずアピール力は抜群となります。

グラフィックソフトが使えるならデザインの自作が出来ます

スイングpopには色々なデザインがあります。本のように複数のページがあり、製品の強みや個性をプリントアウトして宣伝出来ます。棚から全面に飛び出すような形になっているのが面白い点です。アイコンのような形をしたpopもあり、製品の持つ特徴やキャッチコピーを効率よくお客さんに伝えられます。
pop制作のデザイン案ですが、グラフィックソフトが扱える方であれば自分でその内容を制作出来ます。プロのデザイナーにデータ制作を外注すると当然ですが、別途費用が掛かります。また打ち合わせが大変だったり店主が思い描いたイメージ像から離れたpopデザインになる恐れもありますので、自作が出来る方はセルフで制作した方が賢明です。専門会社に、今ではデータのままで入稿が可能です。

送付する前に注意事項を確認し、文字はアウトライン化

データを専門会社に入稿する際の注意点ですが、指定されたファイル形式に従いましょう。専門会社では一般的なグラフィックソフトで扱える色々な形式に対応してくれています。しかし一部には未対応の形式もありますので、送付する前に今一度確認しておき、もし未対応であれば再び制作し直すか、完成されたファイルの形式を対応した物に変換すればOKです。
容量や使えるカラーに制限があるかもしれませんので、入稿する場合は先に注意事項をよく読んでおき、ルールの中で個性的なアイデアを考えるのが良いです。
デザイン画にフォントを用いた場合はグラフィックソフトの機能で必ずアウトライン化しておきましょう。アウトライン化をせずに専門会社に送付すると、相手のPCに対応した物がインストールされていないと、デザインが正しく表示されません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

送料無料になるショップで依頼したいスイングpop

商品をできるだけ買ってもらいたいから宣伝したい、お客さんに目にしてもらう事で、商品の宣伝になるだけではなく、そこから購入にもつながることが多いです。プレートでつけるのとは異なり、揺れることで立体的に飛...

スイングpopで効果的な宣伝、データ入稿も出来ます

お店の売上アップには販売促進の活動が大事です。お店にお客さんを呼び寄せるためにはチラシやTVCMやネット広告が大事になりますが、その後もマーケティングは要ります。せっかく新規のお客さんが店舗に足を運ん...

キャンペーン期間に使える広告スイングpop

スイングpopとは、陳列棚やレジ周りに付ける宣伝用のポップです。広告部分に軽くて丈夫なカード用紙や汚れや光沢がある合成紙を使って、アーム部分に取り付けて使えるようになっています。立体的でアームが空調や...

スイングpopが気になったら見積もりを

お店に行くととても目につくものがありませんか。スイングpopが突然陳列棚に現れると目につくのではないでしょうか。陳列棚はいろいろな商品がずらりと並んでいます。綺麗に食べ物などが並んでいる中にひときわ目...